スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアラのベーカリー ソフトフランスパンチョコ 

ドアラのベーカリー200810

ソフトフランスパンチョコ20081015 

ローソンで販売されているドアラのベーカリー「ソフトフランスパンチョコ」です。野球のバットをモチーフにし、チョコクリームをサンドしたパンです。袋にはドアラの文字で「これでボールを打ったらダメ」と書いてあります。価格は120円。

他にも、ずっしり小倉ぱん、ボールフランスパン、小倉入りメロンパン、コーントーストがあります。

いよいよクライマックスシリーズもスタートします。ドアラの応援で二年連続日本一になってほしいと思います。がんばれ、中日ドラゴンズ!

ご飯を豚肉で巻いた「とんむす」-大須商店街に初の専門店 

とんむす20081001

とんむす20081002 

 ご飯を豚肉で巻いたおむすびを提供する「おむすび屋本舗 とんむす」(名古屋市中区大須3、TEL 052-242-4129)が8月8日、大須商店街・新天地通り沿いにオープンした。

 店舗面積は5坪。同店代表者がデザインしたという豚のキャラクターと筆文字が描かれた看板が目を引く。出店のきっかけは「もともと似たスタイルのおむすびが九州や沖縄の居酒屋の裏メニューであることを知っており、専門店を出したいと思っていた」(同店代表者)といい、「天むすもあれば、『とんむす』もありだろう」(同)と命名。テークアウト専門だが、店先に設置した長いすを利用することもできる。

 国産の素材にこだわりたかったという商品には、三重県産のコシヒカリと、愛知県産三河豚のもも肉を使用。しょうゆベースのタレで、ご飯と豚肉の表面にゴマをまぶし、サニーレタスを添えて提供。「いいお米と脂ノリのいいお肉だから、おいしいに決まっている」と笑顔で話す。

 メニューは、ノーマルの「とんむす」(1個300円)、チーズをのせ表面をバーナーで焦がしチーズを溶かして提供する「チーズとんむす」(1個320円)で、小腹がすいた時、また女性にちょうどいい一回り小さくしたサイズも用意。また、マヨネーズや一味唐辛子も店先に置き、利用客の好みでトッピングできる。

 大須への出店について、同店代表者は「年齢層を問わず集客力のある街。食べ歩きの文化もあるためちょうど良い」ことが背景にあったと振り返る。

 営業時間は、平日=11時~20時、土曜・日曜=10時30分~20時(商品がなくなり次第終了)。

名駅の地下街・エスカに「ひつまぶし」専門店-ご飯にもこだわり 

名駅の地下街・エスカに「ひつまぶし」専門店-ご飯にもこだわり

 名古屋駅の地下街「エスカ」(名古屋市中村区椿町6、TEL 052-451-5557)に10月1日、ひつまぶしの専門店「ひつまぶし名古屋備長」がオープンした。

 同店は行列のできることで有名な本店(愛知県丹羽郡)、ラシック店(中区栄3)、銀座店(東京都中央区)に次ぐ4号店。他店舗よりもメニューを絞り「ひつまぶし」に特化したメニューを用意する。木の素材を使った和風の内装で、店舗面積は約20坪。席数は40席(テーブル席のみ)。

 同店で取り扱ううなぎは種類を重視し、ひつまぶしに良く合う柔らかめのうなぎを1匹ごとに職人(同店社長)が厳選している。さらに安全でおいしく味わえるものを仕入れ、産地は三河産や鹿児島産など時季によって異なる。

 同店は、ご飯の炊き方やうなぎの焼き具合にもこだわりを持ち、ご飯は新潟産の米を三升炊きの釜で二升炊き、湯気の出ているご飯に焼きたてのうなぎを乗せ熱々を提供している。うなぎは職人が備長炭でじっくり焼き上げるため、香ばしさと旨みが凝縮され、皮は香ばしく身はふっくらとした仕上がりになる。

 同店オープンのきっかけについて、同店マネージャーは「銀座店をオープンさせたばかりなので本当は新店舗の展開は考えていなかった。しかし銀座店がテレビ取材を受け大きな反響があり、名古屋での出店に関しても多くの人から声を掛けていただいた。そのため新店舗の展開を決めた」と話す。

 さらに、同地下街出店については、「より多くの人にひつまぶしを食べてもらい『名古屋めし』が全国に広まることを目指しているので、県外の人が多く訪れる名古屋の玄関口『エスカ』を最適な出店先と考えた」(同)とも。

 メニューは、ひつまぶし(2,550円)、上ひつまぶし(3,150円)、特上ひつまぶし(4,800円)、極上ひつまぶし(6,300円)など。ドリンクメニューは、ワイングラスで提供する日本酒「義侠」(800円)などを用意。同酒は、ひつまぶしに良く合うという。

 営業時間は11時~15時30分、17時~22時。うなぎがなくなり次第閉店。

豆女将 

豆女将01

豆女将02 

豆女将03 

豆女将04 

最中でお味噌汁の具材を包み込んだ不思議な食べ物。最中に穴を開けてお湯を注げば出来上がりです。

ただ、4個入りで1050円なので、普通のインスタント味噌汁でもいいかな?と思います。

ご注文はこちらのHPでできますよ。
http://www.mameokami.com/cgi-bin/cart/index.cgi?mode=goods

中日「ドアラ」ラベルのビール発売へ 名古屋のメーカー 

中日「ドアラ」ラベルのビール発売へ 名古屋のメーカー

 地ビールメーカーの盛田金しゃちビール(名古屋市)は29日、中日ドラゴンズのマスコットキャラクター「ドアラ」をラベルにした「ドアラドラゴンズビール」を発売する。

 気持ち悪くてかわいい「キモカワ」キャラとして、全国的な人気を集めるドアラの顔や、ドラゴンズキャップをかぶった金のシャチホコに挟まれて寝そべる姿を表ラベルにあしらった。裏面には、ドアラ「直筆」の商品ロゴを使用する。

 華やかなホップの香りとこくの深い味わいが特長という。330ミリリットル入り瓶で希望小売価格は、税込み525円。インターネット通販や東海地域のコンビニなどで販売する。

ドアラドラゴンズビールはこちらのサイトで購入できます。
http://tokimekimall.jp/category/yakyuto/150017_doala/150017.html

いきなり黄金伝説『高速道路の超人気ご当地グルメ50を食べ尽くす「中央自動車道・内津峠パーキングエリア(下り線)」 

8/7の「いきなり黄金伝説」で愛知県春日井市にある、中央自動車道 『内津峠パーキングエリア(下り線)』の人気メニューが紹介されていました。1位の「みそカツカレーうどん」はカロリーが高そうだけどチャレンジしてみたいですね。

中央自動車道 『内津峠パーキングエリア(下り線)』
所在地:愛知県春日井市
T E L :0568-88-2256
H P:http://www.c-exis.co.jp/

特 徴:
中央道下り線の最後のパーキングエリア。唯一愛知県に位置しており、名古屋方面へ帰宅する人が多く立ち寄る。施設・駐車場共に、パーキングエリアの中では最大級。
第1位
『みそカツカレーうどん』
価 格:880円(税込)


特 徴:
名古屋名物の「味噌かつ」に、人気のカレーうどんをプラスしたボリュームたっぷりのメニュー。1度で2つの味が楽しめるとあって非常にリーズナブル!
第2位
『名古屋コーチンうつつ定食』
価 格:900円(税込)


特 徴:
新鮮で弾力のある名古屋コーチンを100%使用。本来の味をそこなわないように、にんじん・玉ねぎ・鶏肉を塩だけでアッサリと炒め、アツアツのまま鉄板で提供している。
第3位
『天むすラーメン』
価 格:700円(税込)


特 徴:
あっさりとしたしょう油ベースのラーメンに、名古屋名物の「天むす」を一緒に提供しようという発想で作られたメニュー。器をひょうたん型にすることで遊び心を出している。
第4位
『はな定食』
価 格:780円(税込)


特 徴:
名古屋名物の「ひつまぶし」と「きしめん」両方を楽しむことができる贅沢なメニュー。浜名湖の『は』、名古屋の『な』をとって、『はな定食』と名付けたという。
第5位
『びっくり海老フライ定食』
価 格:1,180円(税込)


特 徴:
名古屋といえば「海老フライ」!全長20cmのジャンボ海老フライが2本も盛られている。衣が薄く、中身はプリプリの極上の味。

いきなり黄金伝説HP
http://www.tv-asahi.co.jp/densetsu/index_top.html

ご当地弁当「ひきずり丼」「どて丼」-名古屋駅の売店で同時発売 

hikizuridon 
ひきずり丼

dotebenntou 
どて丼

 駅弁の企画・販売を手がける名古屋だるま(名古屋市中村区亀島2)は8月13日より、名古屋駅コンコースの「グランドショップ名古屋」(TEL 052-562-6151)で名古屋のご当地弁当「ひきずり丼」と「どて丼」の販売を始めた。

 ひきずり丼は、2004年11月から約1か月間、名古屋駅コンコースの「旬味彩菜店」で実演販売を行ったところ好評だったため、「定番駅弁」として販売するために再開発された。「ひきずり」は、名古屋の方言で「すき焼き」のことを言う。

 具は、純系名古屋コーチン・しいたけ・しめじ・長ねぎ・玉ねぎ・にんじん・がんも・白菜・結びこんにゃく・かまぼこ・半熟たまご・キムチもやし・青じそ高菜の13品。味付けは、しょうゆベース。1,000円。

 どて丼は、同社が長年好評を得ている自慢の「みそ」を使った商品で、名古屋名物「どて」を駅弁向けに再現したという。

 具は、松坂牛の牛スジ・大根・こんにゃく・うずら卵の味噌煮(日本一の生産高を誇る「豊橋市」のうずら卵を使用)・にんじん・いんげん・半熟たまご・ゆず大根・青じそ高菜の9品。薬味(一味と乾燥ネギ)も付く。1,200円。

 同社の松村さんは「両品とも名古屋の特色を出せるよう、使う具にこだわり、希少価値の高い『純系名古屋コーチン』や『松坂牛の牛スジ』を選んだ。『どて丼』では県外の人にも名古屋の味を味わってもらえるよう、自慢の『みそ』をたっぷりと添えた。幅広い年齢層、性別の方に愛される弁当を目指す」という。


矢場とんの「鉄板とんかつ」 

矢場とん 鉄板とんかつ

矢場とんで「鉄板とんかつ」にチャレンジしました。

HPには『焼いた鉄板の上に、キャベツを敷き、その上に揚げたてのロースとんかつをのせ、仕上げに味噌をたっぷりかけるという斬新なメニュー。ジュージューという音とキャベツが焦げた香ばしいにおいが食欲をそそります。』と紹介してありますが、とにかくビックリするくらいの蒸気が発生しています。

是非、一度、チャレンジしてみてください。定食で1680円です。

矢場とんHP
http://www.yabaton.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。