スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さるぼぼ 

さるぼぼ

sarubobo_20100307151309.jpg  

Wikipediaより

さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形。

飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味である。災いが去る(猿)、家内円(猿)満になるなど、縁起の良い物とされ、お守りとしても使われている。近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見られる。 よく見かける基本形は、赤い体に赤く丸い顔(目鼻口は省かれる)、赤い手足(指は省かれている)、黒い頭巾と黒い腹掛け(いわゆる「金太郎」)を纏い、座って足を前に投げ出しているか両足を広げ、両腕を上げて広げた(いわゆる万歳の)姿である。尚、全身に亘って色が赤いのは、赤は古くから悪霊祓い、疫病(とりわけ天然痘)除けの御利益があると見なされてきたからであるが、近年では赤以外に黄色や緑色などさまざまなカラーバリエーションが見かけられるようになった。

最近ではiいろいろな「さるぼぼ」が売られています。

ひとつめはスティッチがさるぼぼを抱っこしているストラップ。

そのほかにも、赤だけでなくいろんな色のさるぼぼも登場しています。ちなみにふたつめの写真の「青」のさるぼぼは、学業・仕事運アップにいいようです。

キティちゃんのさるぼぼも売ってますよ。

DSCN3630.jpg 


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/584-f049e5f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。