スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料亭「蔦茂(つたも)」のわらび餅 

名古屋の繁華街 栄にある料亭「蔦茂(つたも)」のわらび餅の紹介です。

料亭「蔦茂(つたも)」は大正時代に旅館として創業し、現在に至る歴史ある料亭です。場所も地下鉄の栄駅から徒歩5分と本当に名古屋の繁華街のど真ん中にあります。

蔦茂(つたも)のわらび餅 
周りは黒壁に囲われていて料亭の雰囲気を醸し出しています。

蔦茂(つたも)のわらび餅2 

蔦茂(つたも)のわらび餅5
 
入り口です。

蔦茂(つたも)のわらび餅3 
庭の池にはたくさんの鯉たちが泳いでします。この水は全部、井戸水だそうです。

蔦茂(つたも)のわらび餅4 
坪庭です。左奥にある井戸は400年以上前のものとお聞きしました。

いよいよわらび餅のご紹介です。このわらび餅は、とにかく美味しいです。私が今まで食べたわらび餅の中で一番、美味しいと思います。

このわらび餅は、もともとはお店で出していたものですが、お客さんから「お土産として持って帰りたい。」という要望があり、お土産として販売をスタートしたとのことでした。

食感、味、どれをとっても満点です。自宅で写真を撮った後、あっという間に家族のお腹におさまってしまいました。

ちなみに写真のわらび餅は480g入りで1260円のものです。絶対にそれ以上の価値があります。写真のものより小ぶりな220g525円というのもあります。

蔦茂(つたも)のわらび餅6 

蔦茂(つたも)のわらび餅7 

料亭と聞くと敷居が高いのでのなかなか足を踏み入れることができなので、どうやったらこの「わらび餅」を購入できるかをご紹介します。

1.「つたも」で食事をして、そのときにお土産として購入をします。
絶対にこれが一番です。

2.食事はしないけど、来店して購入をする。
突然の来店でも、在庫があれば15分程度の待ち時間で対応していただけるようですが、電話予約をしておけばスムーズにわらび餅を購入できます。

3.お取り寄せが可能です。
代引きか、銀行振り込みの決済方法で、クール便を使って宅配してもらえます。

私のお勧めはお食事をしてお土産として買って帰ってわらび餅を楽しむというのですが、とにかくわらび餅を食べたいという方は、お取り寄せをしてみてください。詳細についてはお店にお問い合わせください。

 

今回の取材で社長さんには大変、お世話になりました。「料亭 蔦茂(つたも)」には、お値打ちなプランもありますので、是非、お立ち寄り下さい。

料亭 蔦茂(つたも) http://www.tsutamo.com/
名古屋市中区栄三丁目9-27 
TEL052-241-3666 FAX052-241-0500
Email: info@tsutamo.com
【定休日】年末年始(12/28-1/4)
【営業時間】
■昼席11:30~15:00 LO14:00
■夜席17:00~22:00 LO21:00


powered by TomiryuMap

コメント

料亭つたも ご案内

わらび餅・お気軽にお試し下さい。
また、8月25日の幇間イベントのご案内まで
蔦茂主人・深田正雄

料亭蔦茂(つたも):名古屋開府400年祭・パートナーシップ事業
蔦茂URL:http://www.tsutamo.com/

桜川七助・幇間芸(たいこもち)を楽しむ集い現在日本に4人、貴重な、お座敷芸を浅草よりご紹介!
磨かれた芸と会話、そして極上の日本料理とお酒を、凝った拵えのなかで楽しむ「幇間遊び」。
江戸の昔から続くこの「粋なおとなの遊び」桜川七助師匠来館。
得意とする屏風芸や「かっぽれ」、「娘さんとおばあさん」などの踊りとトークで蔦茂会場を湧かせていただきます。
江戸の接待プロデューサーの今:
http://www.cafeglobe.com/news/interview/032/
2009年8月25日火曜日 
12:00より
蔦茂・江戸前会席 飲み物別
お一人様@8000円(サービス料・税込み)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/557-4aec8518

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。