スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご飯を豚肉で巻いた「とんむす」-大須商店街に初の専門店 

とんむす20081001

とんむす20081002 

 ご飯を豚肉で巻いたおむすびを提供する「おむすび屋本舗 とんむす」(名古屋市中区大須3、TEL 052-242-4129)が8月8日、大須商店街・新天地通り沿いにオープンした。

 店舗面積は5坪。同店代表者がデザインしたという豚のキャラクターと筆文字が描かれた看板が目を引く。出店のきっかけは「もともと似たスタイルのおむすびが九州や沖縄の居酒屋の裏メニューであることを知っており、専門店を出したいと思っていた」(同店代表者)といい、「天むすもあれば、『とんむす』もありだろう」(同)と命名。テークアウト専門だが、店先に設置した長いすを利用することもできる。

 国産の素材にこだわりたかったという商品には、三重県産のコシヒカリと、愛知県産三河豚のもも肉を使用。しょうゆベースのタレで、ご飯と豚肉の表面にゴマをまぶし、サニーレタスを添えて提供。「いいお米と脂ノリのいいお肉だから、おいしいに決まっている」と笑顔で話す。

 メニューは、ノーマルの「とんむす」(1個300円)、チーズをのせ表面をバーナーで焦がしチーズを溶かして提供する「チーズとんむす」(1個320円)で、小腹がすいた時、また女性にちょうどいい一回り小さくしたサイズも用意。また、マヨネーズや一味唐辛子も店先に置き、利用客の好みでトッピングできる。

 大須への出店について、同店代表者は「年齢層を問わず集客力のある街。食べ歩きの文化もあるためちょうど良い」ことが背景にあったと振り返る。

 営業時間は、平日=11時~20時、土曜・日曜=10時30分~20時(商品がなくなり次第終了)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/466-4435d40d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。