スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋スパゲティ 

イタリアン・スパゲティ0503

 “鮮度”と“ネタ”が情報の命。情報社会の料理人は、それをどう料理するか? である。それをどう読み、どう加工するか? それが知恵であり、アイデアである。「お客にいかにウケるか?」が勝負。情報の時代は、料理人の裁量で情報を再加工する時代でもある。たとえ古いネタであっても、重ねて、重ねて、混ぜ合わせ、一ひねりした面白さを創り出すのだ。

 いいアイデアは、いきなり出せるものではない。日ごろからのトレーニングがあってのこと。アイデアの素になるのは「気付き」である。この気付きこそが着眼点。アイデアの入り口となるのだ。人は興味があることにはよく気がつく。“好きな人を喜ばせたい”と思うからこそ、小さなことにもよく気がつくのだ。

 名古屋ではスパゲティのナポリタンを「イタリアン・スパゲティ」と呼ぶのだと思っていた。よく見ると、鉄皿に薄焼き卵が敷かれて、その上にケチャップを絡めたスパゲティがのっている。名古屋の人達にとって、スパゲティと言えば、このスタイルが当たり前。

 発祥は市内東区「喫茶ユキ」。店主の丹羽清さん(故人)が約40年前にイタリア旅行をした時のことである。皿盛のスパゲティを食べたが、すぐに冷めてしまう。だが、この旅行中に鉄皿ステーキを食べている時にひらめいた。「これにのせて出したらいい」と。

 しかし、スパゲティが鉄皿に焦げ付くのだ。研究を重ね、最後に鉄皿に溶き卵を流し込むスタイルを完成させた。まさか、溶き卵を流し込むとは……!?。<文・水野勝弘(毎日ビジネスサロン365代表、帝京平成大准教授>

毎日新聞 2008年5月3日 地方版

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/386-e4feaee0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。