スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイラルタワーズが完成 名古屋駅に5本目の摩天楼 

スパイラルタワーズ
手前がスパイラルタワーズ。右がミッドランドスクエア
左がJRセントラルタワーズ、奥が名古屋ルーセントタワー

 

 地上36階、地下3階建てで、スパイラル(らせん)状になったユニークな外観デザインが特徴。建設主体のモード学園(名古屋市)の専門学校3校が開校するほか、地下には飲食店や美容室などが4月にオープンする。

 名古屋駅周辺では、1999年完成の「JRセントラルタワーズ」(245メートル)のツインビルを皮切りに、高級ブランド店などが入る「ミッドランドスクエア」(247メートル)、オフィス中心の「名古屋ルーセントタワー」(180メートル)と高層ビルが次々と誕生した。

 今後も、駅北側にある「名古屋中央郵便局名古屋駅前分室」の高層化などが浮上しており、周辺の変ぼうは続きそうだ。一方、地元不動産業者の中には「高層ビルのオフィスにも空室が目立ってきている」とバブル的な状況を心配する声も出ている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/371-5cb9e002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。