スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL、機内食に名古屋の味 みそカツ、ウナギ…… 

機内食


 みそカツ、守口漬け、三河産のうなぎ……。中部国際空港を発着する日本航空の中国路線で、ビジネスクラスの機内食に名古屋の名物料理が登場した。週に3便だった天津便を3月から5便に増やしたのに合わせ、機内食メニューを一新した。
  天津、北京、広州、上海行きの出発便では、愛知県一色町産のウナギのかば焼きやみそカツの巻きずし、守口漬け、納屋橋まんじゅうが味わえる。天津からの到着便でも、みそカツとみそまんじゅうを楽しめる。
 地元ビジネスマンの利用が多い天津路線で週7便の全日空と集客を争う日航は「慣れ親しんだ味を求める乗客は多い。出張帰りに一足早くふるさとの味を味わっていただきたい」と宣伝している。


 いやー、名古屋名物もいよいよ海を渡るようです。すごい時代になりましたね。広がれ!名古屋の味噌文化

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/36-59e5c4ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。