スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤福似?で「御福餅」好調 名古屋駅地下街、売り切れも 

赤福似?で「御福餅」好調 名古屋駅地下街、売り切れも


御福餅




ピンクの包装紙に毛筆でつづった風の商品名が印刷され、ふたを開ければさざ波模様のあんころ餅が整然と並ぶ――。老舗(しにせ)の菓子メーカー赤福の赤福餅と似ている「御福餅(おふくもち)」が、赤福の製造日偽装や売れ残り商品の再使用が発覚してから、注目を集めている。



 JR名古屋駅地下街の土産物店。12日に赤福餅の製造日偽装が明らかになる前から、赤福餅は置いていないが、それ以降、以前から扱っている御福餅の売れ行きが好調という。ほかの店舗から取り寄せても、すぐに売り切れる状態という。


 店員の女性は「赤福餅でないことをわかったうえで、まとめ買いする人が多い。売り切れの札を出しているのに『在庫はありませんか?』という問い合わせが後を絶ちません」。


 とはいえ、通りすがりに平積みの御福餅を見つけ、「あれっ? 赤福あるじゃん」と勘違いする人も。


 製造元は、赤福と同じ三重県伊勢市に本社を置く御福餅本家。どのぐらい売り上げが伸びているかについては「コメントできない」としている。


 朝日新聞の記事です。私のブログでも「御福餅」が今一番の検索キーワードです。こうした現象を考えると、赤福も無理しなくても良かったのにとつくづく思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/319-281e9a1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。