スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳川美術館 

徳川美術館 Wikipediaより
国宝『源氏物語絵巻』を収蔵することで名高い徳川美術館は、徳川御三家の一つで、徳川家康の九男・徳川義直(1600-1650)を祖とする尾張徳川家伝来の道具類を展示公開している。 尾張家の第19代当主・徳川義親(とくがわよしちか、1886-1976)は昭和6年(1931)、財団法人尾張徳川黎明会を設立した(その後「財団法人徳川黎明会」と改称)。徳川美術館は、同財団により昭和10年(1935)、尾張徳川家名古屋別邸跡の現在地に開館した。大倉集古館、藤井斉成会有鄰館、大原美術館などと並び、私立美術館の草分けである。 なお、財団法人徳川黎明会の本部は東京都豊島区目白に所在し、同地には尾張家の藩政史料を集めた徳川林政史研究所がある。また、尾張家伝来の古文書(こもんじょ)類は名古屋市に移管され、現在、徳川美術館に隣接する名古屋市蓬左文庫(ほうさぶんこ)に収蔵されている。 日本の私立美術館は、実業家や大企業のコレクションを母体にしたものが多いのに対し、徳川美術館は旧藩主家伝来の道具類がまとまって遺されている点が特色である。日本各地の旧藩主・大名家の伝来品は、第二次世界大戦後の混乱や昭和21年(1946年)の財産税課税の影響などにより、大部分が散逸してしまった。そうしたなかで、早い時期から財団法人化されていた尾張徳川家の収蔵品は、近世大名の所有していた「御道具類」とはいかなるものであったかを知るうえできわめて貴重である。


時間がなかったので写真だけですが、アジアからの観光客も多数、いらっしゃいました。国宝も所蔵している立派な美術館です。お時間があれば是非、お立ち寄り下さい。美術館の隣には、日本庭園の「徳川園」もあります。


徳川美術館のHPはこちら http://www.tokugawa-art-museum.jp/


徳川美術館

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagoyamiyage.blog95.fc2.com/tb.php/179-b7cf6ddb

観光が大好き

西日本旅客鉄道|JR 京都駅 から市バス46番で東山仁王門下車、徒歩3分JR 京都駅 から市バス5番で京都会館美術館前下車、徒歩京阪電気鉄道|京阪電鉄 三条駅 (京都府)|三条駅下車、徒歩10分・ 徳川美術館・相国寺  藤井斉成会有鄰館 その他のリンク集
  • [2007/07/27 00:34]
  • URL |
  • 観光が大好き |
  • TOP ▲

徳川家

徳川家は「丸に三つ葵」徳川氏(?川氏、とくがわうじ)は、徳川家康が創始した日本の苗字。信憑性に乏しいが、系図上では新田氏系得川氏の末裔ということにされている。発祥の地は、上野国新田郡得川郷(現・群馬県太田市徳川|徳川町)とされる。 徳川家
  • [2007/10/12 11:02]
  • URL |
  • まいかのブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。