スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

饂飩DEぱすた 

 

私が大好きなきしめんを製造する吉田麺業の新製品「饂飩DEぱすた」を「なごみゃ」で買いました。

「饂飩DEぱすた」はうどん屋さんが作ったパスタで、うどんと同じようにゆでて、パスタのような食べ方をするという、ちょっと変わった商品です。

パスタをゆでる時には、お湯に塩を入れますが、「饂飩DEぱすた」には塩が入っているので、たっぷりのお湯でゆでればOKみたいです。

価格は2人前で220円とお値段も手ごろですので、お土産に是非、どうぞ!

スポンサーサイト

「なごみゃ」が本日オープン! 

 
なごみや1 
DSCN5323_20100429215241.jpg
店内に顔出し看板もあります。信長様は舘ひろし似?

 名古屋市は、名古屋城内に続いて2店目の開府400年の公式ショップ「なごみゃ」を、今日4月29日に、名古屋駅西の地下街エスカにオープンさせました。

 というわけで、早速、お店を訪ねてみました。お店の中にはには、マスコットキャラクター「はち丸」のぬいぐるみやクッキー、織田信長役らでつくる「名古屋おもてなし武将隊」のイラスト入りマグカップなど400年祭関連の商品以外にも、ドラゴンズや在名テレビ局の関連グッズ、鉄道・パチンコキャラクターグッズ、なごやアイドルグッズな ど名古屋土産が集結していました。

 新幹線の改札からは近い場所にありますので、お時間がある方は、是非、お立ち寄り下さい。

名古屋開府400年記念「はち丸手形」  

はち丸手形 

2010年12月12日(日)まで、名古屋城・徳川美術館・徳川園の3館の入場券セット「はち丸手形」を発売しています。
3館の入場料が通常2,000円のところ、1,500円で販売しています。

名古屋城・徳川美術館・徳川園の窓口で購入できます。3館の入場券と木製の手形(記念品)がセットになっています。

ちなみに入場券の付いていないこの木札だけなら100円です。記念にいかがでしょうか?

名古屋開府400年記念祭マスコットキャラクター「400年の旅人の【はち丸】」 

はち丸 
プロフィール
名古屋開府と同じ1610年、名古屋生まれ。人とふれあうことが大好きで、名古屋のまちをあちこち旅しています。背負っている風呂敷の中には、ねがいボシが入っていて、出会った人にプレゼントし交流を続けてきました。2010年、仲間とともに大好きな名古屋の400歳をお祝いしようとあれこれ思案中です。

ぜんまいざいむらいに似ていることを指摘されたこともありましたが、ちゃんと独り立ちして頑張っています。

名古屋城に開府400年公式ショップオープン! 

名古屋城に開府400年公式ショップ 

 名古屋開府400年を記念し、マスコットキャラクター「はち丸」や名古屋おもてなし武将隊などのグッズを集めた公式ショップが、名古屋市中区の名古屋城内に開店した。

 同店には、「はち丸」をあしらったTシャツやボールペン、愛知にゆかりのある武将の名前入りタオルやコップなどがそろい、豊富な品数が自慢。同店は2012年3月31日まで営業の予定。営業時間は午前9時~午後5時。

 名古屋城の東門近くの休憩所横にお店はあります。名古屋おもてなし武将隊や、はち丸くんのグッズが置いてありました。是非、お立ち寄り下さい。

名古屋駅西の地下街エスカに「なごみゃ」29日開設 名古屋開府400年グッズ公式店 

名古屋土産 


 名古屋市は、名古屋開府400年の関連グッズを販売する公式ショップ「なごみゃ」を29日、名古屋駅西の地下街エスカに開設する。開府400年の公式ショップは、名古屋城内に続いて2店目。

 マスコットキャラクター「はち丸」のぬいぐるみやクッキー、織田信長役らでつくる「名古屋おもてなし武将隊」のイラスト入りマグカップなど400年祭関連の約100品目のほか、ドラゴンズや在名テレビ局の関連グッズなど名古屋土産を一堂に集める。

 観光パンフレットなども置き、名古屋の魅力をアピールする場とする。

 店名は、「なごや」「なごむ」と、名古屋弁をイメージ。河村たかし市長は「おもてなしの心で多くのお客さまをお迎えしたい。ぜひ来てちょ」と来店を呼びかけている。28日には、市長も参加してオープニングセレモニーを行う。

 営業時間は午前10時から午後8時半。2012年3月31日まで。

名古屋おもてなし武将隊 

おもてなし隊 

ついに「名古屋おもてなし武将隊」に名古屋城で出会うことができました。徳川家康さんの後ろにはなんとプラカードを持った陣笠隊まで一緒でした。

羨ましいのは、プラカードに名前が載っている山田さんは名古屋おもてなし武将隊と一緒に名古屋城ツアーができちゃうみたいなんです。

「名古屋おもてなし武将隊と行く名古屋城ツアー 」は近畿日本ツーリストが宿泊予約者限定で募集しているツアーで、料金は大人1人1000円から。1ヶ月前に予約をすれば、武将さんも選べちゃうみたいです。

チャンスがあればご参加下さい。

名古屋おもてなし武将隊と行く名古屋城ツアー
http://www.knt.co.jp/chubu/bushotai/index2.html

名古屋おもてなし武将隊の紹介です。

元町珈琲の「小倉珈琲」 

今回ご紹介するのは岐阜県、愛知県、静岡県に店舗がある元町珈琲のメニューにある「小倉珈琲」です。
最近では、すっかり有名になった小倉トーストですが、その発展系ともいえるコーヒーです。

小倉コーヒー
 
一見はカフェモカみたいです。

小倉珈琲 
クリームの下には小倉あんがたっぷりと入っています。

メニューを見てすぐにオーダーするのはためらわれますが、意外と美味しいコーヒーと小倉あんのコラボレーションです。
勇気を出してオーダーしてみてください。

お値段は480円。チャンスがあったら是非、お試し下さい。

名古屋駅・地下街「エスカ」に手羽先の空揚げ「風来坊」-初のランチ営業も 

手羽先の空揚げ「風来坊」

エスカ 風来坊 

 名古屋駅西地下街「エスカ」に4月8日、名古屋名物・手羽先の空揚げで知られる「風来坊」(名古屋市中村区椿町6、TEL 052-459-5007)がオープンした。

 風来坊は、中区栄や千種区、名東区など名古屋を中心に出店するが、名駅地区への出店は同店が2店目。以前から、「名駅近くの店舗はないかという問い合わせが多かった」と松岡社長。地元ビジネスマンから観光客、出張客、海外からの旅行者までをターゲットに据える。「ゴールデンウィークは特に家族連れや観光客でにぎわうことを予想している」という。

 店舗面積は19.04坪で、テーブル40席、カウンター5席を用意。メーンの「手羽先唐揚げ」(5本420円)のほか、「手羽ギョーザ」(3個500円)、ささみ肉に大葉とワサビを挟んだ「かくしわさび」(600円)、「エビフライ」(1尾600円)、「ターザン焼」(980円)などを提供。ドリンクは、ビール(中530円)、グラスビール(280円)など。

 同店は、風来坊で初めてランチタイムからの営業を行う。手羽先風にタレで味付けした鳥モモ肉をのせた「風来坊丼」は同店オリジナルメニュー。そのほか、「チキンカツ定食」「エビフライ定食」(すべて980円)など。「風来坊丼」はテークアウトも用意し、新幹線の中でつまんで楽しめるように「手羽先唐揚げ」を付けるという。

 テークアウトでも提供する風来坊の「手羽先唐揚げ」は、これまでも近鉄パッセ内のテークアウト専門店で販売していたが、閉店時間が20時30分だった。22時まで営業する同店出店で、22時台の東京行き最終新幹線の時間まで購入できるようになった。

 エスカは、ひつまぶし、きしめん、みそカツ、名古屋喫茶文化の「コメダ珈琲」、「大須ういろ」など名古屋グルメがそろう施設。これまでは名古屋メシの代表の一つ「手羽先」がなかったことから、「これでほとんど名古屋メシはそろった。テークアウトにも期待している」とエスカ営業部の加藤さん。

 営業時間は11時~22時。

これは是非、行ってみたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。