スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山ちゃん 手羽先風味ふりかけ 

山ちゃん 手羽先風味ふりかけ

山ちゃん 手羽先風味ふりかけ02 

山ちゃん 手羽先風味ふりかけです。私はコショウが苦手なのでそのまま友人にプレゼントしました。「コショウ辛い」のが好きな人には好評のようです。

価格は420円です。東海地区限定商品なので、お土産にいかがですか?

浜乙女さんの名古屋土産は他にもありますよ。
http://www.hamaotome.co.jp/annai/nagoya.html

スポンサーサイト

錦にオープンしたカレー鍋専門店、人気に-東京の人気店の味を再現 

錦にオープンしたカレー鍋専門店、人気に-東京の人気店の味を再現

 錦の「カレー鍋ダイニング PENTOLA(ペントラ)」(名古屋市中区錦3、TEL 052-971-0141)が10月28日のオープン以来、人気を集めている。

 同店は、東京都世田谷区の人気カレー鍋店「伝心望(でんしんぼう)」のオーナーと同店オーナーが知人の間柄だったことをきっかけに、「名古屋にもこのおいしさを伝えたい」(同店オーナー)との思いから出店を決めた。

 店舗面積は20坪。テーブル席=12席、カウンター席=7席、座敷=8席を設ける。店内には、ドン・ペリニヨンの大きなボトルをディスプレーするほか、通路をホワイトでライトアップするなど、スタイリッシュな印象を与えている。トイレには「お客様をびっくりさせ喜ばせるための仕掛け」(同店マネージャーの新城さん)も。

 メーンメニューであるカレー鍋は、35種類のスパイスをミックスしたオリジナルのカレースパイスに和風だしを合わせたベーススープが特徴。最初から具材が煮込まれている鍋ではなく、スープのみが入った鍋に自分で具材を入れていくスタイルで、「自分で作っていく楽しみも」(新城さん)。

 カレー鍋セットは、肉、野菜など基本的な具材の「スタンダードセット」(2,048円)、女性をメーンターゲットに、脂身の少ない鶏肉を中心にした、コラーゲンも入る「ヘルシーセット」(2,625円)、A5ランクの黒毛和牛など豪華な具材の「スペシャルセット」(3,675円)の3種類を用意する。辛さも、スープで「元祖」「中辛」「激辛」を選べるほか、辛みそ、鷹の爪なども用意し、個人で調節することもできる。

 「どんな具材でも、和風でも、洋風でも、カレーに合わないものはない」(同)と、肉、魚介類、野菜などの定番の具材のほかに、「串かつ」「揚げニンニク」「ぎょうざ」(以上210円)、「チーちく」(263円)、「もち入りきんちゃく」(189円)など約50種類のバラエティーに富んだトッピングも用意する。「トッピングは1皿ずつが少量で低価格なため、ちょっとずつたくさんの味を楽しんでもらえる」(同)とも。

 ドリンクメニューは、ビール(683円)、カクテル(630円~)のほかに、ラッシーを使ったオリジナルカクテル(682円)や、ワインやドン・ペリニヨン(白、エノテーク、ピンク、ゴールド)などのシャンパンも用意する。ドン・ペリニヨンの白はグラス(2,625円)で提供し「最初の乾杯のドリンクなどに利用してもらえれば」(同)。

 現在、終電時間までは満席で予約も取れないほどの人気を集めている。繁華街に位置していることから、「深夜~閉店の朝5時までは、周辺で働いている店舗の方が営業を終え利用してもらっているようだ」(同)とも。

 営業時間は、月曜~土曜=17時~翌5時、日曜=17時~23時。

ハローキティ郵便局、名古屋タカシマヤに初登場-オリジナル消印も 

ハローキティ郵便局、名古屋タカシマヤに初登場-オリジナル消印も

 ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1)8階に12月3日から、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の臨時郵便局が登場した。

 同局は、高島屋・サンリオ・日本郵政グループが連携し開設するもので、日本郵政グループが取り扱うハローキティシール切手(50円・80円)や年賀はがきなどを販売する。横浜タカシマヤで4年前に開設したのが始まりで、同百貨店に登場したのは初めて。現在は高島屋7店舗で展開する。

 また、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」をモチーフにしたオリジナル切手シート(2,625円、限定200セット)も販売していたが12月7日に完売したという。ほかに、3社がコラボして作成した郵便局の制服を着た「ハローキティ」とボーイフレンド「ダニエル」のペアセット「郵便局制服ぬいぐるみ」(2,835円、限定150個)も同日、完売した。

 同フロアのエレベーター横に設置された「ハローキティポスト」に投函された郵便物(はがき、封書)は、ご当地限定オリジナル消印(小型記念通信日付印)を押し配達する。消印は、「ハローキティ郵便局 2008 タワーズ内」の文字と、ハローキティ・しゃちほこ・ナゴヤドームのイラストを入れたもの。

 同局の開設について、郵便局東海支社の広報担当者は「ハローキティをご愛好いただいている10~20代の女性を中心として、幅広い年齢層の方に郵便サービスをご利用いただくきっかけとなれば。特にこの時期はデパートの利用者も多いので」と話す。

 営業時間は10時~20時30分。今月16日まで。

「鉄板スパ」のルーツを探れ! 

「鉄板スパ」のルーツを探れ!
鉄板を使った「イタリアンスパゲティ」を差し出す丹羽静枝さん
=名古屋市東区葵3の喫茶ユキで


 「名古屋の鉄板スパゲティのルーツが知りたい」。読者からそんな依頼のメールが届いた。アツアツの鉄板の上に溶き卵、ケチャップでいためたスパゲティ(ナポリタン)を載せた、あれだ。喫茶店で食べるおなじみのメニュー。食欲の秋に、疑問と空腹を解消すべく、取材を始めた。

 19日付の本紙「味な提言」でも「隠れ名古屋名物」とされていた「鉄板スパ」。ネットの総合ガイド「オールアバウト」で名古屋を担当するフリーライター大竹敏之さん(43)=名古屋市瑞穂区=に聞くと「名古屋以外であまり知られていない『なごやめし』の一つですね」。

 では、と資料集めに走る。どうやら、東区葵3の「喫茶ユキ」が発祥の店らしい。翌日の昼下がりに訪ねた。こちらから始まったようですが…と、経営者の丹羽静枝さん(82)に切り出す。「ええ、うちが発祥です」。名称は「イタリアンスパゲティ」。ジュージューと音を立て、湯気の上る鉄板が現れた。カメラで何枚も写真を撮ってから食べ始めたが、冷めた感じはない。

 まさにこれがミソ。静枝さんが遠い記憶をたどり始めた。1961年のことだ。亡夫の清さんは同業者組合の旅行でイタリアへ行き、本場のスパゲティを食べていて不満を感じた。「途中で冷めてしまうなあ」。翌日、熱さが保たれる鉄板ステーキを食べて「鉄板スパ」がひらめいた。

 一見すると鉄板に溶き卵を敷いてから、めんを載せたように思えるが、実は逆。めんを載せた後、溶き卵を縁から円を描くように流し込む。焦げ過ぎず、程良く固まった卵をめんと絡めて食べることで、おいしさは一段とアップする。

 こうして生まれた鉄板スパは、県喫茶飲食生活衛生同業組合の副理事長鈴木国央さん(62)によると、喫茶店に出入りするコーヒー業者の口コミなどを通じ、名古屋の喫茶店の定番メニューとして広まっていったようだ。

 ただ「最近の喫茶店は皿を使う場合が多い」と、鈴木さんは鉄板スパの陰りを心配する。そこで、昨年6月に開店のガーデンカフェ・アンツ(中村区)を訪れた。メニューにパスタは数種類あるが、皿で出すという。

 「若い人が好む、バジルを使ったジェノベーゼやクリーム系のパスタは鉄板に載せると味が落ちる」と経営する奈川歩美さん(31)。ただ、年配層が多いランチタイムに限り、鉄板スパを出すことがあるとか。やはり皿出しするダグウッド・カフェ(中村区)の西村真由実さん(50)は「いためず、ゆで上げのパスタが好きな3、40代の主婦が客層の中心なので」。

 本格的なパスタ文化の広がりで、鉄板スパはやや押され気味のようだが「わざわざ北海道や九州から食べにくる人もいる」(丹羽さん)というナゴヤ伝統の味。時々、思い出したように食べたくなるけれど、皆さんはいかが?

中日新聞「CHUNICHI Web」より
http://www.chunichi.co.jp/

こんなの初めてです。「春華堂のうなぎパイ・お徳用袋」 

お徳用袋 うなぎパイ

静岡に住む方からお土産としていただきました。

袋にうなぎパイがそのまま入っています。上の部分を切り取り封を開けるのですが、開けたところがジッパーになっていて、湿らないような配慮がしてあります。

割れちゃった「うなぎパイ」が入っています。形にこだわらないのであればこのうなぎパイで十分だと思います。

いただきものなので、値段はわかりませんが、おいしくいただきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。