スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱田名物 きよめ餅 5個入り 

 熱田名物 きよめ餅 5個入り


 熱田神宮の「お休み処 清め茶屋」で購入しました。多くのお土産屋さんでは5個入りはほとんど見たことがないので思わず買ってしまいました。昔ながらの味で美味しいです。


HPを見てみると、特にここが「きよめ餅」のお店であることが明記されていませんが、どうなんでしょうか?


きよめ餅HP
http://www.kiyome.net/index.html


きよめ餅02


 きよめ餅


 

スポンサーサイト

名古屋みやげ 「徳川 葵布」 

 名古屋みやげ 「徳川 葵布」


徳川美術館の前にある「徳川園ショップ 葵」で買った「徳川 葵布」です。簡単に言えばスモールサイズの風呂敷に徳川家の紋が入っている、ちょっとおしゃれな三河木綿の布です。価格は840円だったと思います。


ショップでは、このほかに徳川美術館所蔵の「源氏物語」にちなんだ商品もありました。ただこちらの商品はかさばらないのでお勧めです。


ショップには徳川園や徳川美術館に入館することなく利用できます。


葵布


徳川園ショップ




 

東山動物園 「金シャチコアラちゃんストラップ」 

東山動物園 「金シャチコアラちゃんストラップ」


金シャチコアラちゃんストラップ


東山動物園ではオリジナリティあふれるお土産がなかったのですが、絶対に名古屋でしか買えないお土産を発見しました。


「金シャチコアラちゃんストラップ」です。金シャチの上にコアラちゃんが乗ってます。その上小さな鈴までついています。この発想が素晴らしいです。賛否両論あると思いますが、見つけた方は是非、買ってください。動物園のおみやげ売り場にありました。価格は400円です。

本醸造神鶴ドラゴンズ 500ml  

本醸造神鶴ドラゴンズ 500ml


神鶴500ml


中日ドラゴンズ承認商品!名水木曽川の伏流水と厳寒「山廃仕込」とドラゴンズの昇竜祈願を込めて醸しあげたマイルドにして深い味わいの神鶴本醸造酒

日本酒度 ±0
精白   70%
アルコール度数 15.5度


500ml瓶で612円。愛知県津島市にある鶴見酒造の商品です。ドラゴンズファンへのお土産はこれで決まりです。これがちょっと重いかなというかたは、カップもあります。私は日本酒が全く飲めないので、味はわかりません。


鶴見酒造ではネット販売もやっています。
http://shop.yumetenpo.jp/goods/goodsList.jsp?st=tsurumi-jp.com&category=2:4&action=category

徳川園 

徳川園
徳川園は、徳川御三家筆頭である、尾張藩二代藩主光友が、元禄8年(1695年)に自らの造営による隠居所である大曽根屋敷に移り住んだことを起源としています。 当時の敷地は約13万坪(約44ha)の広大さで、庭園内の泉水には16挺立の舟を浮かべたと言われています。光友の没後、この地は尾張藩家老職の成瀬、石河、渡邊三家に譲られましたが、明治22年(1889年)からは尾張徳川家の邸宅となりました。 昭和6年(1931年)、十九代当主義親から邸宅と庭園の寄付を受けた名古屋市は整備改修を行い、翌年「徳川園」が公開されました。昭和20年(1945年)に大空襲により園内の大部分を焼失した後は一般的な公園として利用されてきましたが、平成16年秋に日本庭園としてリニューアルしました。


かなり期待をしていきましたが、金沢の兼六園のような規模ではありません。こじんまりとしています。庭園を散歩してから美術館に向かうと、とてもいい気分になれると思います。 徳川園のHPは

こちら http://www.tokugawaen.city.nagoya.jp/index.html


徳川園1
徳川園2
徳川園3

ナナちゃんが夏衣装に着替え 名古屋モード学園の学生らがデザイン 

ナナちゃn人形衣替え





 名古屋市中村区名駅1の名鉄百貨店ヤング館前の巨大マネキン「ナナちゃん人形」が16日、名古屋モード学園(中村区)の学生らの制作したワンピースに着替えた。
 「元気なナゴヤ」の象徴といわれる名駅前をオシャレに飾りたいと、同学園が名鉄百貨店に協力を依頼して実現した。
 デザインは同学園ファッションデザイン学科3年の原田明日香さん(20)が担当し、有志ら約20人の学生が約2週間かけて制作。テーマは「ナナちゃん海に行く」。胸や帽子の赤は太陽を、青や黄色の曲線に添うように着けられた白いフリルは海の波をイメージした。
 この日は気温が30度を超える暑さになったこともあり、新しいワンピースは好評。通りかかった女子高生は「夏が来た感じ。とてもかわいい」と話していた。
 ナナちゃんは29日まで、このワンピースを身にまとう。




遅くなりましたが、友人から画像をいただきました。感謝!今週末には新しいコスチュームに衣替えなんですね。


徳川美術館 

徳川美術館 Wikipediaより
国宝『源氏物語絵巻』を収蔵することで名高い徳川美術館は、徳川御三家の一つで、徳川家康の九男・徳川義直(1600-1650)を祖とする尾張徳川家伝来の道具類を展示公開している。 尾張家の第19代当主・徳川義親(とくがわよしちか、1886-1976)は昭和6年(1931)、財団法人尾張徳川黎明会を設立した(その後「財団法人徳川黎明会」と改称)。徳川美術館は、同財団により昭和10年(1935)、尾張徳川家名古屋別邸跡の現在地に開館した。大倉集古館、藤井斉成会有鄰館、大原美術館などと並び、私立美術館の草分けである。 なお、財団法人徳川黎明会の本部は東京都豊島区目白に所在し、同地には尾張家の藩政史料を集めた徳川林政史研究所がある。また、尾張家伝来の古文書(こもんじょ)類は名古屋市に移管され、現在、徳川美術館に隣接する名古屋市蓬左文庫(ほうさぶんこ)に収蔵されている。 日本の私立美術館は、実業家や大企業のコレクションを母体にしたものが多いのに対し、徳川美術館は旧藩主家伝来の道具類がまとまって遺されている点が特色である。日本各地の旧藩主・大名家の伝来品は、第二次世界大戦後の混乱や昭和21年(1946年)の財産税課税の影響などにより、大部分が散逸してしまった。そうしたなかで、早い時期から財団法人化されていた尾張徳川家の収蔵品は、近世大名の所有していた「御道具類」とはいかなるものであったかを知るうえできわめて貴重である。


時間がなかったので写真だけですが、アジアからの観光客も多数、いらっしゃいました。国宝も所蔵している立派な美術館です。お時間があれば是非、お立ち寄り下さい。美術館の隣には、日本庭園の「徳川園」もあります。


徳川美術館のHPはこちら http://www.tokugawa-art-museum.jp/


徳川美術館

名古屋城本丸御殿シリーズ 

名古屋城本丸御殿シリーズ

「名古屋城本丸御殿」シリーズのお土産を東名高速道路下り守山PAでたくさん発見しました。見かけたら、是非、買ってください。皆さんに買っていただくことにより、売上げから少しだけ名古屋城本丸御殿再建に寄付されます。生きている間に「名古屋城本丸御殿」を見てみたいです。

本丸御殿01


本丸御殿02


中部国際空港セントレア 

中部国際空港 セントレア


HPより
コンパクトなターミナルビルが分かりやすいと評判のセントレア。路線が充実し、中部圏からの海外・国内はもちろん、国内各地から海外への乗継もますます便利になった。空港とは思えないほどレストランが充実。楽しいイベントも開催され、いつ来ても新鮮で飽きることがない。さらにオススメは滑走路に手が届きそうなほどの展望デッキ。伊勢湾に沈む夕日と飛行機のコラボレーションは必見だ。オリジナルキャラクター「セントレアフレンズ」も人気。

空港としてだけでなく、多くのショップが入りたくさんの人でにぎわっています。滑走路のすぐ向こうは海。「スカイデッキ」からの景色は、周りには何もなく、雄大です。




セントレア 全景


セントレア01

セントレア02


セントレア スカイデッキ


熱田神宮 

熱田神宮

熱田神宮
熱田神宮02

HPから
 熱田神宮の創始は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。第12代景行天皇の御代、日本武尊は神剣を名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。尊のお妃である宮簀媛命は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。 以来伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。


とにかく名古屋では有名な神社です。都心の大きな森の中にあり、とても気持ちのいい空間です。名鉄の「神宮前駅」からも近いので、お時間がありましたら是非、お参りに足を伸ばしてください。


 熱田神宮のHPはこちら
http://www.atsutajingu.or.jp/


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。