スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市科学館に「世界一プラネタリウム」オープン 

 nagouacitykagaku.jpg

nagoyacitykagaku2.jpg 
 長年、親しまれてきた東海地区の二つの注目施設が、生まれ変わる。世界最大級、直径35メートルのプラネタリウムを擁する名古屋市科学館が、改築工事を終え、3月19日にいよいよオープンする。各展示の共通テーマは、体全体を使って科学の不思議を体験してもらうことだ。「極寒ラボ」や、「竜巻ラボ」、「放電ラボ」といった目玉展示が追加され、大幅に魅力がアップした。

世界一プラネタリウム

 名古屋市科学館(名古屋市中区栄)で、新しいプラネタリウムの心臓部となる投影機は、ドイツの光学機器メーカー、カールツァイス社製の「ユニバーサリウム9型」だ。まゆのような形をした直径1・6メートルの装置で、ドームの真ん中に据えられる。表面には一つ一つの星に対応する光ファイバーが埋め込まれ、9000個の星を映し出す。

 様々な季節や場所の星空のほか、星が明るく見えたり、暗く見えたりする「またたき」も再現する。天文係長の野田学さん(49)は「実際の星空に近づけるため、肉眼で見える星に絞った。プラネタリウムを見た後、本当の空で星座を探してみてほしい」と言う。

 スクリーンの脇に配置した6台のプロジェクターは、宇宙空間から見た地球の映像などを流す。「さあ、土星に行ってみましょう」と言って、あっという間に土星の輪をくぐり抜けるような宇宙旅行を体感できる。火星探査機が宇宙で撮影してきた映像をコンピューターグラフィックスで加工しており、本物に限りなく近い。

 スクリーンの裏側と壁、床下には、70個のスピーカーが埋め込まれている。隕石(いんせき)の音などの効果音があらゆる方向から響き、身を震わすような感覚に包まれる。

 座席は左右30度に回転し、リクライニングする。ドームの直径は35メートル、座席から天井までの高さは20メートルにもなる。プログラムが始まると、あまりにもリアルでどこにスクリーンがあるのか分からなくなるほどだ。

是非、見に行きたいです。

名古屋市科学館HP
 http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

スポンサーサイト

宗次ホール 

宗次ホール01

宗次ホール02 

宗次ホール(むねつぐほーる)

宗次ホールは名古屋市中区にあるクラッシックを演奏するために作られた音楽ホールです。このホールはなんと東証一部上場企業の㈱壱番屋 創業者特別顧問の宗次徳二さんがオーナーなのだそうです。

宗次さんとは、一度だけ名刺の交換をさせていただきましたが、本当に頭の低い方で、車で駐車場を出るときに深々とお辞儀をしていただき恐縮してしまったことがあります。

私も経験がありますが、出張に行った夜に時間が空いてしまうことがあります。このホールは週に3~4回は夜のコンサートをやっていますから、そんな名古屋の夜にスケジュールがあえば是非、立ち寄ってみてください。

コンサートによっては「ハーフ60」というチケットがあり、空席があれば、当日の後半、一般料金の60%で入場ができるというシステムがあります。(これはオーナーのアイデアみたいです。)

演奏者と客席がとっても近い素敵な音楽ホールです。格安なランチタイムコンサートも開催していますよ。

宗次ホールHP
http://www.munetsuguhall.com/

宗次ホールのオフィシャルブログ
http://munetsuguhall.blog8.fc2.com/

エアポートウォーク名古屋 

愛知県西春日井郡豊山町にある県営名古屋空港敷地内の(旧・名古屋(小牧)空港)国際線ターミナルビルを再利用したユニーが管理・運営するショッピングセンター。2008年10月25日グランドオープン。

エアポートウォーク2008103101

エアポートウォーク2008103102 

エアポートウォーク2008103103 

エアポートウォーク2008103104 

国際線のターミナルビルを再利用しているので、なんと駐車場は以前の国際線駐機場。空港はまだ民間機、自衛隊機が利用しているので、民間機の離発着はもちろん、駐車場の向こう側をF15が移動する姿も見ることができます。

普通のショッピングセンターですが、ちょっと旅行に行きたくなる不思議な雰囲気があります。

エアポートウォーク名古屋HP
http://airportwalk.com/

「名古屋駅テルミナのからくり時計」名古屋市中村区名駅(名古屋駅桜通り口/松坂屋駅前店入り口)  

テルミナのからくり時計

名古屋駅テルミナにあるからくり時計です。「テリヨン」というらしいです。
10:00、12:00、15:00、18:00に動くようです。

普段は収納されていて只の時計のようですが、からくりが動き出します。

ちなみに一番上側の左の駅長さんの合図で動くようになっているようです。
その右は「三英傑」、そのまた右は「コアラ」です。

[場所]名古屋市中村区名駅(名古屋駅桜通り口/松坂屋駅前店入り口)

わかりにくいですが、YouTUBEの動画もご覧下さい。
http://jp.youtube.com/watch?v=a4hmH94m4AI

名古屋ルーセントタワー 

ルーセントタワー20081016

久しぶりに足を運びましたが、ずいぶんお客さんが少なくなっているようです。

青空にきれいな曲線が描かれていたので思わず、携帯で写真を撮りました。

名古屋ルーセントタワーHP
http://www.lucent-tower.jp/

ペ・ヨンジュンさん監修の「高矢禮」、名古屋に韓国居酒屋料理店 

ペ・ヨンジュンさん監修の「高矢禮」、名古屋に韓国居酒屋料理店

 ペ・ヨンジュンさん監修の韓国伝統料理店「高矢禮(ゴシレ)」(東京都港区)を展開するBFO international(同)は9月10日、韓国居酒屋料理を提供する「Korean dining bar 高矢禮 火(ゴシレ ファ)」(TEL 052-310-0540)を栄の複合商業施設「SUNSHINE SAKAE(サンシャインサカエ)」(名古屋市中区錦3)6階にオープンした。

 今年6月にオープンした「高矢禮」は、「調和」と「おもてなしの心」をコンセプトにコース料理を提供。今回オープンした「高矢禮 火」は、「高矢禮」で提供しているメニューを基に、「火」をテーマとして、「強火で素材のうま味を引き出した料理を提供する」(料理長の岩崎さん)という。「韓国の屋台で有名なメニューなどもあり、お手ごろな価格のものばかり」(同)とも。

 店舗面積は56坪で、テーブル席84席を設ける。エントランスの壁には今年6月にオープン前の同店を訪れたペ・ヨンジュンさんの手形が残され、注目を集めている。

 「昔の人が住んでいた村をイメージした」(岩崎さん)いう店内は、フロアに面し設置されている焼き物メニューを調理する大きな窯を中心に客席が並ぶ。エントランスからの通路を村への道、各テーブル席を村、黒く塗られ天井を夜空と表現しているとも。照明には韓国の家庭で家を守るとされる魚の形をしたモチーフを使うほか、壁には、昔から韓国に伝わる壁絵の一部をオリジナルで制作し、アクセントに入れて店内を飾る。

 主なフードメニューは、「上州麦豚使用 辛いサムギョプサル」(924円)、韓国屋台の定番「カリッともっちりガレトッ」(399円)、5種類のナムルを層にした「火 サラダ」(680円)など。マッコリも3種類用意するほか、マッコリカクテル(683円)や、鷹の爪や焼酎で作るオリジナルカクテル「火 カプサイシン」(683円)なども提供。

 夕方ごろの早い時間はペ・ヨンジュンさんのファンの女性層が目立ち、夜になるにつれビジネスマンの客層に変化するという。

 営業時間は17時~24時(金曜・土曜は翌1時まで)。

かかみがはら航空宇宙博物館 

かかみがはら航空宇宙博物館

かかみがはら航空宇宙博物館02

ここは私が住む各務原市が運営している飛行機をテーマにした博物館です。名誉館長は「松本零士先生」です。YS-11も屋外展示されています。

いろいろな努力はしているようですが、運営は赤字のようです。お近くにこられた際には、是非、お立ち寄り下さい。

詳細はHPをご覧下さい。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/index.html

wikiでも紹介されています。

 

屋外展示の様子はこちらをご覧下さい。
http://nagoyamiyage.web.fc2.com/kakamigahara.html


 



 

スパイラルタワーズが完成 名古屋駅に5本目の摩天楼 

スパイラルタワーズ
手前がスパイラルタワーズ。右がミッドランドスクエア
左がJRセントラルタワーズ、奥が名古屋ルーセントタワー

 

 地上36階、地下3階建てで、スパイラル(らせん)状になったユニークな外観デザインが特徴。建設主体のモード学園(名古屋市)の専門学校3校が開校するほか、地下には飲食店や美容室などが4月にオープンする。

 名古屋駅周辺では、1999年完成の「JRセントラルタワーズ」(245メートル)のツインビルを皮切りに、高級ブランド店などが入る「ミッドランドスクエア」(247メートル)、オフィス中心の「名古屋ルーセントタワー」(180メートル)と高層ビルが次々と誕生した。

 今後も、駅北側にある「名古屋中央郵便局名古屋駅前分室」の高層化などが浮上しており、周辺の変ぼうは続きそうだ。一方、地元不動産業者の中には「高層ビルのオフィスにも空室が目立ってきている」とバブル的な状況を心配する声も出ている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。